インクジェットプリントの基礎知識

自宅でプリンターを持っている方もたくさんいますが、何気なく写真やイラストを印刷していると思います。何気なく印刷をしている方が殆どですが、よくインクジェットでプリントしていると書かれていても分からないかもしれません。幾つか押さえておきたい事としては、インクや用紙に種類があること、そして印刷を終えた後の保存の仕方、どんな事に使えるのかということを知っておくと良いでしょう。普段の印刷物の仕上がりをもっと綺麗にしたいという方はもちろん覚えておくと出来上がりが変わってきてより満足できるようになりますし、買い替えを検討している時には何を選べばいいのか、適しているものを選びやすくなります。違いを覚えて、用途に合っているものを選ぶようにしましょう。

インクの種類があることをしっておきたい

インクジェットでのプリントは、文字通りインクが水滴のように吹き付けられて印刷をします。主に水溶性のものが多く、顔料タイプと染料タイプがあります。顔料は水や光にも強い耐性を持ちますし、にじみもしにくいですが、やや目詰まりを起こしやすいです。その一方で染料タイプは水やアルコールに溶ける場合があるものの、色彩表現がとても豊かというような違いがあります。光にも少し弱いので、光をあてすぎると色が抜けていってしまいます。それ以外にも、自分が使っているメーカーの殆どが専用の純正のインクを推奨している事が多いです。基本的には純正のものを利用する事が多いですが、場合によってはリサイクルインクなども使うことが出てくるので、普段使っているインクがどのようなタイプか改めて見ておくとよいでしょう。

印刷する際に他にも気をつけたいこと

普段プリンターを使う時には用紙の準備もしますが、これにも適した種類があります。インクジェットをプリントする専用の用紙もあれば、コピーをする時に使うような紙で作業をする事もあるでしょう。ちょっとした色の確認や練習用であれば普通紙でも問題ありませんが、きちんとした出力を求めるのであれば、専用用紙を使う方が格段に綺麗な仕上がりになります。艶のある光沢紙などもありますが、さらに綺麗なものを作りたい時に利用します。印刷後には状況に応じて保管をしますが、ただ単に適当に置いておくと色が抜けたりする水濡れしてにじんだりします。ファイルに綴じたり、湿気の少ない場所を選ぶなど、印刷された状態が保てる場所を確保する事も大切です。綺麗に仕上げるだけでなく、出来上がったものもきちんと保管できるように気をつけましょう。

お支払方法は、代金引換や郵便振替、銀行振込からお選びいただけます。 お支払いの際の振込手数料等はいずれも無料となっております。 インクジェットハウスでは、商品の素材ごとの合計面積から価格を計算致します。 サイトでは商品の用途や特徴、価格など詳細情報をご確認いただけます。 ホームページからカタログ・サンプル請求をすることが可能です。 インクジェットハウスの価格表は外税表示となっております。 インクジェットでプリントしよう